バングラデシュ結婚式:ホルッドセレモニー

21 02 2012

スライドショーには JavaScript が必要です。


バングラデシュの結婚式は、基本的に四日間にわたって行われますが、その第一日目に行われるのが、『ホルッドセレモニー』です。ホルッドとは黄色、またはターメリックのことです。このセレモニーは、結婚式の第一日目と第二日目と花嫁、花婿と別の日に分けて行われるセレモニーですが、最近では花嫁、花婿一緒に行われることも多々あります。身内と仲の良いお友達だけで行われるセレモニーです。
今日は、The Daily Janakantha (バングラデシュで初めて出版されたバングラデシュ語の新聞会社)の社長の長男の結婚式です!ご自宅で行いましたが、庭にはJapanese Gardenがあり、池では綺麗な鯉が泳いでいます。とても素敵なおうちです。
花嫁は外国人のロシア人。若いカップルが新鮮で、素敵です。彼らのホルッドセレモニーは、新郎新婦、一緒に行うことになりました。お部屋の真ん中には、花嫁花婿が座るための台が用意されていて、ホルッド(ターメリック)が小さな器に練られて置いてあります。そのほかに、ミスティー(バングラデシュの甘いお菓子)と緑のメンディも小さな器に練られて入れてあります。メンディーとはヘナのことで、一度つけて長時間放置すると、肌に赤く色がつき5-6日取れません。よく女性の手にメンディーでデザインをつけたりします。来客は、順番に器に入ったターメリックを少々指先にとり、新郎新婦の顔の一部につけます。メンディーは手の甲や腕、指などに少量とってつけてあげると良いでしょう。間違っても、緑のメンディーを新郎新婦の顔につけないように気をつけましょう!後々、大変なことになってしまいます。
ホルッドセレモニーでは赤や黄色のサリーやサルワカミースを切る女性が多いですが、画像を見てご理解いただけますよう、必ずその色の服を着用しなくてはいけないというわけではありません。 ホルッドセレモニーのあとは、お食事をしておしまいです。

2012年1月17日ブログより
普通の結婚式は4日間の祝いです。
【第一日目】ガエ・ホルード(花嫁のため)
バングラデシュの風習では、ターメリックのペーストは花嫁の肌を柔らかくし、結婚式の日のために美しくすると信じられています。この式では、花嫁を中心に、黄色の服を着たゲストの人たちは各自ターメリックのペーストを指の先に乗せ、それを花嫁の顔に塗ります。
ガエ・ホルードとは「ターメリックを肌に塗る」という意味です。花婿は参加しません。
【第二日目】 花婿のためのガエ・ホルード。花嫁と同じことをします。花嫁は参加しません。
【第三日目】 花嫁の家族から用意された披露宴。花嫁と花婿は離れて席につきます。
【第四日目】花婿の家族から用意された披露宴。Bouvat と呼ばれます
********************************************************************************************************************************************
【バングラナビ】 バングラデシュ情報満載サイト
バングラデシュの情報が欲しい方は、バングラナビをご覧ください!
ウェブサイト:http://www.banglanavi.com

お問い合わせは info@banglanavi.com までお気軽にご連絡ください。
********************************************************************************************************************************************

広告




バングラデシュ結婚式:ご祝儀の金額

17 01 2012

【バングラデシュのご祝儀】
バングラの友達の結婚式に招待されたけれどご祝儀はいくらくらい渡せばよいのかな?とお考えの方 はっきりいって、大変難しい質問です。なぜなら、バングラデシュでは貧富の差が激しいため、5千円を ご祝儀として渡したとしても受け取る側の経済状況によってもその価値が変わってくるからです。 値段を決める参考としてひとつ。バングラデシュでの学校の先生の初任給で20000円くらいと言われています。 そう考えますと、所得は日本の約10分の1になります。その計算で日本であげるご祝儀が2万円と考え その10分の1の金額2000タカをご祝儀で出すことになりますが、最近物価が向上してきているバングラデシュでは 1000タカではバターが10個くらいしか買えません。 経済力のある日本からのお客様が立ったの2000タカしかくれなかったなんてこと思われる可能性も大です。 ご祝儀は最低5000タカくらいをあげると良いかと思います。もちろんそれ以上渡しても全く問題はありま せんし、少ないよりは多くもらったほうがうれしいことは間違えありません。 または、日本から電化製品などを買ってプレゼントにしたりするのも大変喜ばれます。 新郎新婦は、沢山のプレゼントを受け取りますので、プレゼントには必ずカードに名前と 連絡先をつけてあげると良いと思います。

********************************************************************************************************************************************
【バングラナビ】
ウェブサイト:http://www.banglanavi.com バングラデシュ事務所 :Building # 3, Road # 5,Sector # 1,Uttara, Dhaka-1230, Bangladesh
ご連絡やご質問等は お問い合わせフォーム または info@banglanavi.com までお気軽にご連絡ください。
************************************************************************************************************************************************





バングラデシュの 結婚式披露宴

29 05 2011

スライドショーには JavaScript が必要です。


バングラデシュの結婚式は、人生の最大の行事です。日本の経済成長時の”派手婚”が現在のバングラデシュで求められる結婚式です。
今日、ご紹介しますのは、バングラデシュの一流ホテルのシェフを経験後、バングラデシュのイベント用のケータリングビジネス(イベント用の食事)で大成功されている男性の豪華な結婚式披露宴。
普通の結婚式は4日間の祝いです。
【第一日目】ガエ・ホルード(花嫁のため)
バングラデシュの風習では、ターメリックのペーストは花嫁の肌を柔らかくし、結婚式の日のために美しくすると信じられています。この式では、花嫁を中心に、黄色の服を着たゲストの人たちは各自ターメリックのペーストを指の先に乗せ、それを花嫁の顔に塗ります。
ガエ・ホルードとは「ターメリックを肌に塗る」という意味です。花婿は参加しません。
【第二日目】 花婿のためのガエ・ホルード。花嫁と同じことをします。花嫁は参加しません。
【第三日目】 花嫁の家族から用意された披露宴。花嫁と花婿は離れて席につきます。
【第四日目】花婿の家族から用意された披露宴。Bouvat と呼ばれます。

◎ 最近主流の結婚式は【第一日目】と【第二日目】を新郎新婦ともに同時日に行ったり、【第三日目】と【第四日目】の披露宴に使う費用を花嫁と花婿家族で出し合い、一日で終わらせるやり方です。
結婚式には沢山の費用がかかり、家族にとっても経済的に大変大きな負担になります。

【バングラデシュの結婚式披露宴】
バングラデシュ人はパーティーが大好き。日ごろ家族を大切にするバングラデシュ人の家族の付き合いは広く、また家族以外の人付き合いも大切にする彼らの招待客の人数は、日本人の私達が想像する以上のものです。1000~2000人というパーティーもざらです。
人それぞれですが、式場にはホテルやレストランや催事場や自宅を使用します。
お金持ちの結婚式は、経済力の見せ場です。ここぞとばかりにお金を使いまくります。一流のホテルや有名な結婚式場で挙げる結婚式は、見逃したくありません。金銭的に余裕がない人でも、レストランを貸しきって結婚式を挙げたり、家で式を挙げる場合でも、マンション全体にカラフルな電球を吊り下げ式場を飾ります。

【 バングラデシュ結婚式披露宴での食事】
必ず出されるのがビリヤニ、カバブ、サラダ、チキンカレー、マトンカレー、ビーフカレー等。
昔は飲み物といえばコーラでしたが、最近では健康を考えてボトルに入ったお水が席に配られます。
そのほかにもラッシーやマンゴジュースや食後にコーヒーや紅茶を出してくれる式もあります。

********************************************************************************************************************************************
【バングラナビ】
ウェブサイト:http://www.banglanavi.com バングラデシュ事務所 :Building # 3, Road # 5,Sector # 1,Uttara, Dhaka-1230, Bangladesh
ご連絡やご質問等は お問い合わせフォーム または info@banglanavi.com までお気軽にご連絡ください。
************************************************************************************************************************************************