バングラデシュ人への技術援助と受け入れ

25 09 2010

バングラデシュ労働大臣Khandker Mosharraf Hossainは、ソフトウェアおよびIT部門に熟練した人材を創り、熟練工を外国へ送る際に技術援助、そして彼らの受け入れを日本に協力を求めました。
そして、日本とバングラデシュ2か国の関係を強化して行くことへの関心を示しました。





デジタルバングラ:ICT産業の投資家も一安心

28 01 2009

今後バングラデシュのIT産業の開発に力をいれ、かつ「ディジタル・バングラデッシュ」を作ることを実行するということが、大蔵大臣、通商大臣の二人によって再確認されました。そして、そのニュースは、ICT産業の投資家達を一安心させるものになりました。
大臣達は、今後バングラデシュの教育にICTカリキュラムを導入する事を加え、e-決済手段(電子政府)の導入も思案していくと言いました。大蔵大臣AMA Muhithは、Eコマースのビジネスの透明化を保証する事が第一条件だと伝えました。

バングラデッシュのソフトウェア産業は3000億ドルの世界市場の中に1パーセント未満の市場占有率を持ち、2008年に2500万ドルのサービスを獲得しました。 しかし、今後2009年までに3000万ドルのIT対応のサービスの輸出目標に、通商大臣ファルーク・カーンは不服を持ち、「国庫補助の不足により輸出目標をより高く設定することができないかもしれない」と言いました。