バングラデシュ工場紹介 バングラデシュ縫製工場探し

7 03 2012

バングラデシュ工場紹介 バングラデシュ縫製工場探探し

洗練されたスキルと歴史のあるバングラデシュ縫製工場ご紹介
バングラデシュ内で指折りの縫製工場をご紹介いたします。初めの工場は1983年に設立され、現在6つの工場を稼動しています。 輸出国はアメリカ、ヨーロッパ、日本。洗練されたスキルで服ならほとんどのものを作ることが出来ます。子供服、デニムジーンズ、女性用トップス、 女性用ボトム、男性用パンツ、ジャケット、ボクサーパンツ、Tシャツ、スウェット、その他色々。

バングラデシュ工場社長が語るバングラデシュの縫製産業の歴史

当工場で生産される製品のサンプルご紹介

————————————————————————————————————————————————————————————-
バングラデシュ洋服生産工場お問い合わせ info@treasurehousebd.com

広告




バングラデシュ 革靴 革サンダル キャンバスシューズ 子供靴

12 05 2011

スライドショーには JavaScript が必要です。


ラドゥシューズはバングラデシュにある靴店で
1901年に設立された長い歴史のある会社です。
バングラデシュの革靴、バングラデシュの革のサンダル、バングラデシュのキャンバスシューズ、バングラデシュ子供靴のサンプルがございます。
興味のある方は是非一度ご連絡ください。

取引をお考えになる前に是非一度サンプルをお手にとってご覧になってください。

<ラドゥシューズHP>http://www.radushoes.com

1.男性用革靴・サンダル
<生産品目>男性用革靴、男性用サンダル、女性用サンダル、キャンバスシューズ、子供用キャンバスシューズ
<生産ロット>ご相談に応じます.

********************************************************************************************************************************************
【バングラナビ】
ウェブサイト:http://www.radushoes.com
バングラデシュ事務所 :Building # 3, Road # 5,Sector # 1,Uttara, Dhaka-1230, Bangladesh
ご連絡やご質問等は お問い合わせフォーム または info@treasurehousebd.com までお気軽にご連絡ください。
************************************************************************************************************************************************





バングラデシュEPZ(輸出加工区) 投資プロジェクト

2 02 2010

EPZ(Export Processing Zone)とは輸出加工区と呼ばれ、国内及び外国と押しを促進するために設けられた特別区域です。
EPX内に工場を持つ外資に対しては、10年間の法人税免除、建設資材の輸入税免除など税制面の優遇策を実施しています。
バングラデシュのEPZは、1983年にチッタゴンで開設され、1993年にはダッカにも開設されました。
現在バングラデシュ内では、チッタゴン、ダッカ、ウットラ、アダムジ、チッタゴン、コミラ、イシュワードラ、カナプリ、モングラの8箇所が稼動しています。日本のユニクロの製品工場、アメリカのリーバイス等の衣類製品だけでなく、ゴルフクラブ、化粧品、家具、玩具などももEPZ内で製品加工されています。

最近では、日本の会社の2000万ドル投資プロジェクトが進んでいるとのことです。

バングラデシュEPZに関するウェブサイト →こちら





2009-2011バングラデシュジュート紡績協会

7 03 2009

2009-2010 年、 2010-2011年のバングラデシュジュート紡績協会の会長としてアハメド ホセインさんが選出されている。
ホセインさんは、Nawab Abdul Malek Jute Mills (BD) Ltd, Dhakaの専務取締役を務ている。
その他、副会長にはMuhammad Shamsが選出されている。ムハンマドさんはSupreme Jute & Knitex Ltdの専務取締役を務めている。





バングラデシュの美容業界

17 02 2009

この不景気にもかかわらず、バングラデシュの美容会社
Persona Hair and Beauty Ltd は、多くのライバル会社に差をつけ、
2008年の1年間で47.22パーセントの収入を上げた。

社長のKhanさんは、よいサービスの提供と、全体的な美容に対する
人々の関心が高まってきていることだといいました。
特に中流階級の人の美に対する意識の上昇が大きく関わってきているといいました。

この上昇の理由のひとつとして、多くの中流階級の奥様たちがサテライトテレビで見る、
お昼のメロドラマが大きく影響しているとか。
そのほかには、女性の社会進出により女性たちに金銭的な自由が得られているということ。

現在、Khanさんの美容サロンでは一日に700人のお客様がいる。
そして、週末は1000人を越えることも。

この業界で一番の問題は、美容師を育てる学校がないということ。
そのため、今後は美容学校を設立する予定だそうです。





バングラデシュ陶器生産率の下降

29 01 2009

バングラデシュ陶器の食器類の主な輸出国は、英国、ヨーロッパ、米国、イタリア、
オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、ロシア、UAE、デンマーク、
ドイツ、フランス、メキシコ、トルコおよび中東の国。

FARRセラミック株式会社の会長および常務取締役のIftakher Uddin Farhadは、
2008年12月の輸出額は、2008年10月2.6クロータカ、11月2.19クロータカ、
12月1.48クロータカ。年末のギフト時期で一番の売り上げを期待していた
12月は前の月と比較して約20パーセン下降したといいました。(The Daily Star)

某バングラデシュ陶器メーカ社長はは、世界的不況により大きな打撃を受けているが
まだ持ち越せる自信があるといいました。
バングラデシュ陶製食器メーカーはこの後どう乗り越えていくのだろうか?

バングラデシュの二大陶器生産メーカーはMonnoセラミックスShinepukurセラミックス・リミテッド
国内でも大きな市場を持つメーカー。

原料の輸入のための総税は、7パーセントの輸入税と15パーセントのVAT(付加価値税)を含む30パーセント。