バングラデシュ服装

20 09 2010

バングラデシュでは何を着るの
バングラデシュはトロピカルな気候で冬がとても短い。 たいていは薄手の上着を着、冬の時期のみ上着を羽織る程度。 バングラデシュはイスラム教徒が多く住む国なので大変保守的な国であるとも言えます。そのため、 女性は特に肌の露出は少なくすることが妥当といえるでしょう。洋服もあまりタイトなものではなくルーズなもので なるべく体のラインを見せないことが懸命です。女性の多くはシャルワールカミースを普段着にしている人が多く、 訪問着としてサリーを着用します。男性の場合は、町でよく見かけるのはシャツにスラックス。その他リキシャをこいでいる人たちや田舎に住んでいる人たちは ルンギといって布を腰に縛ってスカートになったようなものをシャツの下にはいている。へヤギとしてルンギを着ている人もよく目にします。 パンジャビ(クルタ)は訪問着としてよく着られています。

バングラデシュで役に立つ女性用のチュニック
「ボナリー」
http://www.banglanavi.com/vaunalee.shtml

広告

操作

Information




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。