バングラデシュの食用油

19 09 2010

バングラデシュでは毎年120万トンの食用油を消費する。
今までは、自分の家から入れ物を持って油を買いに行っていたが
最近はボトルに入った食用油をスーパーで買う人がほとんど。

そのバングラデシュ料理に不可欠な食用油、消費者に優しい価格になってきている。
今年の始めに、3社(Nurjahanグループ、MaricoバングラデシュとACI Foods社)は、既存の瓶詰め業者に加わり
現在は30以上のビン詰めにされた大豆油ブランドがある。
プラスチックボトルの質も良くなりスーパーにはカラフルなボトルに入れられた食用油が売られ
種類の多さに迷うお客も多い。

今後、食用油の品質を改良と同時に瓶詰め業者に対する品質の向上が期待される。

広告

操作

Information




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。