バングラデシュEPZ(輸出加工区) 投資プロジェクト

2 02 2010

EPZ(Export Processing Zone)とは輸出加工区と呼ばれ、国内及び外国と押しを促進するために設けられた特別区域です。
EPX内に工場を持つ外資に対しては、10年間の法人税免除、建設資材の輸入税免除など税制面の優遇策を実施しています。
バングラデシュのEPZは、1983年にチッタゴンで開設され、1993年にはダッカにも開設されました。
現在バングラデシュ内では、チッタゴン、ダッカ、ウットラ、アダムジ、チッタゴン、コミラ、イシュワードラ、カナプリ、モングラの8箇所が稼動しています。日本のユニクロの製品工場、アメリカのリーバイス等の衣類製品だけでなく、ゴルフクラブ、化粧品、家具、玩具などももEPZ内で製品加工されています。

最近では、日本の会社の2000万ドル投資プロジェクトが進んでいるとのことです。

バングラデシュEPZに関するウェブサイト →こちら

広告

操作

Information




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。