バングラデシュのジュート輸出禁止の緩和

7 01 2010

バングラデシュ国内で上昇するジュート価格のため、昨年12月7日より輸出を禁止されていたジュート(原材料)だったが、先日1月4日より禁止令が緩和され168000梱の輸出の許可が下りたという。
生ジュートの輸出価格は2008年1トンにつき525ドル~550ドルから2009年には600ドルあがり、
国内のジュート(原材料)価格は、40kgにつき17.1㌦~17.9㌦だったのが24.3㌦~25.7㌦につりあがあっていたという。
2009年のバングラデシュの生ジュートの生産量は5500000梱、国内需要は3500000梱。(1梱=181Kg)
これを機に、国内のジュート(原材料)の価格が低下することを願うジュート工場は少なくない。

広告

操作

Information




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。