バングラデシュ産の地球に優しいジュート

22 11 2009

バングラデシュの繊維産業は450万人の雇用機会を作り、バングラデシュの経済成長にとって大きな役割を果たしている。 その中でもジュート産業はバングラデシュの黄金産業として、今世界からも注目を浴びている。 もともとジュートは、セメント用のバッグ、カーペットの裏地などに使われていた。一時は、衣類に使用する合成繊維等の出現により消えかけた存在になったこともあるが、現在のジュートの用途は広がり、ハンドクラフト、バッグ、サンダル、雑貨等があり、原繊維またはジュート製品として多くの製品が世界へ輸出されることになった。
人々の地球温暖化、環境に対する意識が高まったことで、世界的にも天然繊維のジュートへの関心は高まり、 高く価値を評価されることになり、そのことはバングラデシュのジュート産業を 復活させることになったきっかけでもある。 なんと、世界のジュートの90パーセント以上がバングラデシュから輸出されているものだという。 その輸出量は、毎年30万トン~40万トンになる。

広告

操作

Information




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。