バングラデシュ陶器生産率の下降

29 01 2009

バングラデシュ陶器の食器類の主な輸出国は、英国、ヨーロッパ、米国、イタリア、
オーストラリア、ニュージーランド、ノルウェー、スウェーデン、ロシア、UAE、デンマーク、
ドイツ、フランス、メキシコ、トルコおよび中東の国。

FARRセラミック株式会社の会長および常務取締役のIftakher Uddin Farhadは、
2008年12月の輸出額は、2008年10月2.6クロータカ、11月2.19クロータカ、
12月1.48クロータカ。年末のギフト時期で一番の売り上げを期待していた
12月は前の月と比較して約20パーセン下降したといいました。(The Daily Star)

某バングラデシュ陶器メーカ社長はは、世界的不況により大きな打撃を受けているが
まだ持ち越せる自信があるといいました。
バングラデシュ陶製食器メーカーはこの後どう乗り越えていくのだろうか?

バングラデシュの二大陶器生産メーカーはMonnoセラミックスShinepukurセラミックス・リミテッド
国内でも大きな市場を持つメーカー。

原料の輸入のための総税は、7パーセントの輸入税と15パーセントのVAT(付加価値税)を含む30パーセント。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。