輸出の多様化を求める

28 01 2009

先日、バングラデシュ日本大使の井上大使は、バングラデシュが世界的な景気の不況を乗り切るために輸出目的地と製品を多様化するべきであると述べました。また、ダッカの国際協力事業団(JICA)の「輸出多様化の研究」でのセミナーでは、景気後退期に生き残っていくには グリーン産業を発展させることが大切であり、「その意味で、ジュートは環境にも優しく、将来高い潜在的成長を達成すると予想されます。」と述べ、更に、今後バングラデシュの海外直接投資(FDI)を増加させるためには、ASEAN(東南アジア諸国連合)を見習っていくことを勧めました。ASEANの参加国であるタイは、日本の自動車の奨励により大規模なFDIキャンペーンを行いました。
「今後は公的、民間でのビジネスの機会をつくりお互い助け合っていけることを望んでいます。」と大使は述べました。(The Daily Star)それに対し、既製の衣服が輸出収入の76パーセントで過去数年の重要な輸出成長にもかかわらず、79パーセントの衣服製品の輸出はEUおよび米国市場のみであり、国の輸出バスケットは脆弱であると商務長官Ferozアフマッドは伝えました。

「バングラデッシュ人民共和国の輸出多様化のための潜在的なサブセクター成長」というタイトルの研究では、日本外国貿易構成(Jetro)は、ジュートとソフトウェア産業が輸出多様化には貢献するかもしれないと言いました。2007-08年度には約64パーセント、2480万ドルのコンピューター・ソフトウェアを米国と日本に輸出しましたとジェトロの在勤員の鈴木氏が述べました

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。