バングラデシュ教育方針改正

28 01 2009

文部大臣のNurul Islam Nahid は、1974年のQudratE-Khuda委員会による
レポートに基づく教育方針を改正し、新しい新教育方針を4ヶ月以内に定式化すると述べました。
教育方針改正は、学者たち30人によって初等教育を始め中等またそれ以上のものを改正する予定です。

広告




デジタルバングラ:ICT産業の投資家も一安心

28 01 2009

今後バングラデシュのIT産業の開発に力をいれ、かつ「ディジタル・バングラデッシュ」を作ることを実行するということが、大蔵大臣、通商大臣の二人によって再確認されました。そして、そのニュースは、ICT産業の投資家達を一安心させるものになりました。
大臣達は、今後バングラデシュの教育にICTカリキュラムを導入する事を加え、e-決済手段(電子政府)の導入も思案していくと言いました。大蔵大臣AMA Muhithは、Eコマースのビジネスの透明化を保証する事が第一条件だと伝えました。

バングラデッシュのソフトウェア産業は3000億ドルの世界市場の中に1パーセント未満の市場占有率を持ち、2008年に2500万ドルのサービスを獲得しました。 しかし、今後2009年までに3000万ドルのIT対応のサービスの輸出目標に、通商大臣ファルーク・カーンは不服を持ち、「国庫補助の不足により輸出目標をより高く設定することができないかもしれない」と言いました。





輸出の多様化を求める

28 01 2009

先日、バングラデシュ日本大使の井上大使は、バングラデシュが世界的な景気の不況を乗り切るために輸出目的地と製品を多様化するべきであると述べました。また、ダッカの国際協力事業団(JICA)の「輸出多様化の研究」でのセミナーでは、景気後退期に生き残っていくには グリーン産業を発展させることが大切であり、「その意味で、ジュートは環境にも優しく、将来高い潜在的成長を達成すると予想されます。」と述べ、更に、今後バングラデシュの海外直接投資(FDI)を増加させるためには、ASEAN(東南アジア諸国連合)を見習っていくことを勧めました。ASEANの参加国であるタイは、日本の自動車の奨励により大規模なFDIキャンペーンを行いました。
「今後は公的、民間でのビジネスの機会をつくりお互い助け合っていけることを望んでいます。」と大使は述べました。(The Daily Star)それに対し、既製の衣服が輸出収入の76パーセントで過去数年の重要な輸出成長にもかかわらず、79パーセントの衣服製品の輸出はEUおよび米国市場のみであり、国の輸出バスケットは脆弱であると商務長官Ferozアフマッドは伝えました。

「バングラデッシュ人民共和国の輸出多様化のための潜在的なサブセクター成長」というタイトルの研究では、日本外国貿易構成(Jetro)は、ジュートとソフトウェア産業が輸出多様化には貢献するかもしれないと言いました。2007-08年度には約64パーセント、2480万ドルのコンピューター・ソフトウェアを米国と日本に輸出しましたとジェトロの在勤員の鈴木氏が述べました